掃除は便利な道具を使って簡単に作業を行なう

音の問題

騒音とその対策について

個人宅などで、ピアノやバイオリンなど大きな音を出す楽器の使用や、シアタールームの設置を行う場合には、近隣への騒音への配慮が重要になる。これらの配慮なく利用することで、近隣住人とのトラブルになるケースもあるため、注意が必要になる。 それらの対策として、防音工事がある。防音工事には、どこまで行うかにより工事内容が異なり、費用も変わってくる。壁や天井など全面的に防音工事を行う場合には、いったん壁や天井を取り除き、防音性の高いものに取り換える工事が行われる。この場合には、工事の規模が大きくなり、費用も多くかかる傾向がある。 小規模に行う方法としては、窓を二重化したり、エアコンの取り付け場所など音が漏れる場所への補強工事があり、これらでは比較的低コストで行うことができる。

防音工事とその種類について

最近では、近隣住宅への騒音への配慮の高まりから、防音工事を行うケースも増えている。 防音工事においては、宅内からの騒音が漏れることを防止するほか、外部の騒音が宅内に入り込まないようにするための工事も含まれる。外部からの騒音を防止することについては、例えば、鉄道路線沿いの住宅や幹線道路沿いの住宅などで行われるケースが多い。 これらの外部からの騒音対策には、サッシを二重化するなど、音が入り込みやすい場所への補強工事が行われる傾向にある。また、幹線道路などの道路沿いで防音対策工事を行う場合には、最近では地域によっては自治体などからその工事に関する助成金を受けられる制度が設けられている場合もある。そのため、これらの補助制度の活用も有効な手段となっている。

Copyright (c) 2015 掃除は便利な道具を使って簡単に作業を行なう all reserved.